性病 感染

性病(性感染症)の感染者が増加傾向にあります。
特に、若年者の10代、20歳代の若者における感染者が増加しています。
コンドームを使用しない性行為で感染ネットワークが拡大しています。
性病は”感染したかも”という自覚症状がほとんど出ない場合も少なくありません。
そのために性病に関して危機感があまりなく、予防に対しても無関心であるということです。
日本で一番多い性病である、クラミジア感染症の感染率が15%と、世界でも最悪な状況です。

 

だれでも症状が激しければ、すぐに病院にいくでしょう。
でも、風邪の症状や局部がムズかゆい、少し痛いくらいでは、病院にいくことを躊躇しませんか。
そして、いつの間にか症状が出なくなったら、治ったと勘違いしたり、症状すら忘れてしまいます。
また、最初から症状が全く出なければ、気になる性行為があっても、”自分は大丈夫だろう”、と
思いこんでしまいませんか。
性病の恐ろしさは、病気が進行してしまったのちに検査をして感染が発覚してしまうことです。
治療が長期化したり、不妊症や多くの後遺症、場合によっては死と直面する事態もあり得ます。

 

コンドームなしの性行為、オーラルセックスは感染の機会を増やします。

 

気になる性行為があれば、症状が無くても検査をお勧めします。

 

もしかして性病?心配なまま放っていませんか?



◆性病検査 STDチェッカー◆ はプライバシー対策万全の在宅検査キットです。